LCCの具体例

毎年、便数や就航路線が増加しているLCCですが、その魅力については、価格の安さだと考えている人が多いのではないでしょうか。どのくらい安いのか気になる人も多いでしょうが、既存の航空会社の3割~5割程度低価格であることが多く、期間限定でおこなうバーゲンセールの時には、5割以上も割引になる場合があります。その低価格の理由は、コストカットを最大限におこなっていることだといえるでしょう。既存の航空会社では機内食や手荷物の預け入れなどが無料でサービスされますが、LCCでは、それらを優良化することによって、航空運賃を安くしているのです。

そのLCCの1つであるバニラエアでは、リゾート路線が中心となる就航をしていて、拠点は成田空港にあります。受託される手荷物が、1人あたり20kgまでお金がかかりません。ただし、このサービスは、コミコミバニラとシンプルバニラのみです。代表的な就航区間は、成田空港から新千歳空港までの往復と、成田空港から那覇空港までの往復です。各種サービスについてですが、手荷物は、コミコミバニラとシンプルバニラの場合、20kgまで無料です。

わくわくバニラの場合は、20kgまで1000円かかります。無料で機内に持ち込める荷物は、それぞれの長さが56cm×36cm×23cm以内で、重さは10kg以下のものに限られます。機内食については有料です。座席は、スタンダードシートとリラックスシートに分かれています。

※注目サイト※
ジェットスター・ジャパン航空の料金と他のLCCの料金が簡単に比較出来て予約まで出来るサイトです・・・ジェットスター・ジャパン 料金

Copyright © 2014 国内のLCC All Rights Reserved.